「Z会Asteria」で革新的な学習サービスを!

WS000005.JPG

Z会というと、昔から大学受験用通信添削講座で名が通っていた。私も大学受験の時にお世話になった。公立の高校ではなかなかお目にかからないような難問が多く、特に数学は大変チャレンジングであった。ニックネームではあるが、たまにランキングの上位にのったり、表彰状をもらったりするとうれしかった記憶がある。当時は、もちろんインターネットはなく、紙ベースの通信添削で、今から思えば、のどかと言えばのどかな時代ではあった。

これから18歳人口が減少する時期に入り、大学入学は一般論としては易しくなる見込みではあるが、上位校への入学は今後ともさほど易しくなるとは思えない。英語力についても、4技能(読む、書く、聞く、話す)が総合的に評価されるなど、それなりの準備が必要になってきている。

「Z会Asteria」は、Z会の長年の指導実績と最新のテクノロジーとの融合により実現した、革新的な学習サービス。
その特徴は、
・内容理解・問題演習・添削指導を、従来の教科の枠を超えた斬新な講座体系で提供し、未来を見すえた学びを実現。
・アダプティブ学習と個別指導で、通信教育であっても受講者一人ひとりに合わせた指導が可能となっている。
・内容理解・問題演習・添削指導まで全ての学習がタブレットで完結するため、時間や場所の制限を受けることなく、いつでもどこでも学習が進めらる。

中学生、高校生が主な対象ではあるが、さらなる知識・英語力向上を目指す社会人にも有効なプログラムとなっている。

「子どもに将来本当に役に立つ学びを身につけてほしい…」「子どもにはインプットだけの学習ではなく、自分で考えて行動する力を身につけてほしい…」「自分の都合の良い時間に、実生活で役立つ英語4技能のスキルを総合的に身につけられる学習がしたい…」 といった要望に応える講座となっている。

具体的には、
・国際社会の中で、コミュニケーションをはかり、他者と協働できる英語力を育てる「英語4技能講座」
・実社会に役立つ思考力や実践力を身につけ、柔軟な知識のつながりを獲得することを目的とした「数学新系統講座」
・様々な社会課題に対して他者とコミュニケーションをはかり協働して課題を解決できる力を育む「総合探究講座」 (中学・高校生対象)

1931年の創立以来、受験にとどまらない本物の学力の育成を目指してきたZ会が、最新のテクノロジーを結集することで実現させた講座と言える。





この記事へのコメント